バラ十字会AMORCとは

未来を切り開く、古代からの英知

バラ十字会AMORCとは、下記にご説明しているような 神秘哲学、形而上学、
人生哲学についての情報を分かりやすくまとめ、 世界の87ヵ国で、
希望される方にご提供している非宗教・非営利の教育団体です。

バラ十字会AMORC 創設100周年 オバマ大統領からのお祝いの手紙 バラ十字会AMORC 創設100周年 オバマ大統領からのお祝いの手紙

この会から、あなたは何を手に入れることができるか

知恵と情報を引き出すテクニックをマスターし、問題を解決する能力を高める

あらゆる人の心の奥には直観とインスピレーションの働きがもともと備わっています。
しかしほとんどの場合、休眠していて十分には働いていません。

神秘哲学の“神秘”とは、このような心の働きにより得られる知恵と情報のことです。

この知恵と情報を引き出すテクニックをマスターすると、お仕事や人間関係であなたが日々直面する問題を解決する能力を高めることができます。

形而上学の学習によって自身の人生の目的を理解することができる

あなたも、「自分は何のために生まれてきたのか、どこからきて、どこへ行くのか」と、 一度は思い悩んだことがあるのではないでしょうか。

この世界がどのように(How)存在しているかを調べるのが物理学ですが、 形而上学は、この世界がなぜ(Why)存在しているのかを調べます。

形而上学の学習によってあなたは、あなた自身の人生の目的を理解することができます。

自身の状況をコントロールすることができるようになる

人生哲学では、
人生に働いている様々な法則を学びます。

この法則を学び、
その法則に沿った生き方を選択すると、
私たちは、 運命にもてあそばれる操り人形の状態を脱して、快適に車を運転するように、自身の状況をコントロールすることができるようになります。

バラ十字会AMORCは、1915年にアメリカ合衆国で活動をスタートしましたが、
その知識の源になっているのは、400年以上の歴史を持つバラ十字会です。

一方、バラ十字国際大学では、エジプト学、心理学、音楽、民俗学、哲学、医学、生態学、芸術、自然科学についての研究が、世界中の専門委員によって行われています。

ですから、
あなたが当会から手に入れることのできる教材には、 時代を超えて伝承されてきた知識・テクニックと、最新の研究成果の両方が含まれています。

バラ十字の意味

当会の象徴は、黄金の十字と、
赤いバラ
の組み合わせからできています。

この十字には宗教との関連はありません。

キリスト教が発祥する以前から使われていた十字の図形は、 両腕を横に広げた人の姿を図案化したもので、
人間の体を表しています。

一方、バラの花は、ひとりひとりの魂を表しています。

当会の象徴「バラ十字」

この2つの組み合わせであるバラ十字が表しているのは、
人間には、体と魂という2つの要素があるということです。

そして、バラが徐々に花開き、かぐわしい薫りを放つのと同じように、人生経験を積むことを通して、個人の魂は、本来持っている成熟した感性と道徳心、他の人に対する寛容と思いやりを人格として外に表すことができるようになります。

教育カリキュラムの最終的な目標

 当会の教育カリキュラムの最終的な目標は、
人格を洗練していくこのプロセスを、あなたに加速していただくことです。

そのことにより次の3つが実現します。

  • 幸せで有意義な人生を送ること
  • 身の回りの人たちの幸せを支援できるようになること
  • 子供や、未来を担う人たちの手本になるような生き方をすること

バラ十字会AMORCの成立

バラ十字会は、バラ十字団もしくは薔薇十字団と呼ばれることもありますが、いずれも英語の「Rosicrucian Order」にあたる言葉です。

バラ十字会は、中世ヨーロッパで、 当時の先入観にとらわれることなく、人生の神秘、人間の本質について研究していた自由思想家の集団でした。

この会は、1614年~1616年に、
3冊のマニフェスト(宣言書)をドイツとフランスで出版し、 多くの人に知られるようになりました。

その後は、イギリス、ドイツ、フランスを中心に活動していました。

バラ十字会の第一の宣言書
「ファーマ・フラテルニタティス」

1909年に米国人の哲学者スペンサー・ルイスは、 南フランスのトゥールーズを中心に活動していた バラ十字会に入会しました。

そして、神秘哲学の研究家としての高い能力を認められ、
フランスバラ十字会の活動を継承するという任務が与えられました。

スペンサー・ルイスは、1915年にこの活動のための組織を米国で立ち上げ、 以前のバラ十字会の活動と区別するために、 呼び名の後ろにAMORC(アモールク)という文字を付け加えました。
これは、「Antiquus Mysticusque Ordo Rosae Crucis」というラテン語の頭文字で、 「古代から継承された神秘哲学を研究する、バラと十字を象徴とする団体」を意味しています。

トゥールーズのキャピトール(議事堂)の一室。
貴重な美術品の数々が陳列されているこの部屋は、
スペンサー・ルイスが、当時のフランスバラ十字会の
代表クロヴィス・ラサールと初めて接触した場所と
伝えられている。

その直後にバラ十字会AMORCは、それまで師弟間でだけ伝えられていた知識とテクニックを教材の形にまとめ、希望する会員の方へと郵送することを始め、世界的な組織へと発展しました。

世界総本部と言語圏本部

現在、バラ十字会AMORCの世界総本部は米国カリフォルニア州の非営利活動法人であり、
同州のサンノゼ市のバラ十字公園内に、バラ十字国際大学のほか、古代エジプト博物館、図書館、プラネタリウムを所有しています。

この世界総本部を中心として、全世界に21の言語圏本部があり、23ヵ国語で教材を作成しています。
1977年に創設された日本本部もそのひとつです。
2013年現在、活動は87ヵ国に展開し、数十万人の会員の皆さんが学習をされています。

当会の歴史と、その思想の起源、マニフェスト(宣言書)、理想としていること、活動内容について説明した動画(YouTube)を用意しました。動画中央をクリックしてご覧ください。

21世紀におけるバラ十字会の使命

21世紀となった今、当会の知識とテクニックは、
人類の今後にとってさらに重要になっていると 私たちは強く感じています。
技術が急速に進歩し、人類は、地球環境を完全に破壊してしまうことさえできる力を手に入れました。

一方で、せわしない生活のリズムによって、心の静けさを保つことが難しくなっており、氾濫する情報と学問の細分化のために、個人が人生についての一貫した考え方を持つことも困難になっています。

おそらく、現代に生きる私たちは、いまだかつてなかったほどに、心に、揺らぐことのない安らぎと力強さを与えてくれる知識を必要としています。

この必要に少しでも良く答えるために、バラ十字会AMORCは、
研究と指導経験をもとに、私たちに伝えられてきた知識を、改良し続けています。

そして、この知識を手に入れることを希望する方のために、
自宅で学習できるプログラムを用意しています。

このプログラムを、無料で体験することができる機会をご用意しました。
1ヵ月間、無料で体験することができます

私たちの活動があなたの人生に必要なものかどうか、一度、お試しください。

そして、心の中に、揺らぐことのない安らぎと力強さを築く第一歩にしてください。

自宅で手軽に体験学習ができる無料体験プログラム 1ヶ月無料体験プログラムを申し込む

このページのTOPへ