マニフェスト(宣言書)

バラ十字会AMORCのマニフェスト(Manifesto):宣言書のご紹介

 話は、今からおよそ400年前にさかのぼります。1614年~1616年に、チュービンゲン(現在のドイツ南部)で活動していた当時のバラ十字会(薔薇十字団)は、3冊の宣言書を公表しました。(英語版をこちらで読むことができます)

 このことには、次のような事情がありました。

 17世紀の初めのころのヨーロッパはとてもひどい状況だったのです。政治の失敗のため、さまざまな国で内乱が頻発していました。経済的な利益をめぐる多数の戦争に加えて宗教間の戦争が起き、平和な時期はほとんどありませんでした。 社会は疲弊し、貧富の差が広がり、貧しい人たちは読み書きすらできない状態で放置されていました。科学が急速に進歩していたことがマイナスに働き、精神面よりも物質を過度に重視する傾向が強まっていました。

 そこで当時のバラ十字会は、この状況を打開するためには、人の内面と社会の両方に全体的な改革が必要であることを、この宣言書によって訴えたのです。

 歴史は繰り返すということわざがあります。同じできごとが周期的に、しかも以前よりも大きなスケールで繰り返されるというものです。日々のニュースに表れているように、現在の世界の状況は17世紀の当時に似たところがあり、決して望ましい方向には進んでいません

 そこで、私たちも先輩のバラ十字会員にならって、世界の全般的な状況を改善する一助になることを心から望み、3冊の宣言書を発行しました。これらの宣言書は、政治家や学者などの一部の人々のためのものではなく、現代に生きるすべての皆さんに宛てて書かれています。

 特に、人類の未来のことを心配に思っている方、教育に携わっている方、生きることの意味への問いかけを大切に思っている方、発展途上国の貧困や飢餓に心を痛めている方、自然環境の保護に興味のある方は、ぜひご一読ください。

新クリスチャン・ローゼンクロイツの化学の結婚(マニフェスト2016年版)

 あなたがこの宣言書を読み始められる前に、まずは著者である私の自己紹介をさせてください。過去に私はクリスチャン・ローゼンクロイツという名前で、バラ十字会を創設した伝説の人物として知られていました。

 私は自分が誰かを明らかにすることを望んでいないので、私がどこに住んでいて何をしているのか、そして私の身元がわかるようなことについては、何もお伝えすることはありません。友愛組織の仲間と私が、自分たちのために定めた規則に従って、私は“不可視”(invisible)でいなくてはなりません。

 おそらく私とあなたとは、いつの日かお会いすることになるでしょうが、もしそうだとしても、私の方からあなたに近づくことになります。

 本当のところ、この文章を書くために、わざわざ時間と労力を費やそうなどとは考えていませんでしたし、そのようにする差し迫った必要を感じてもいませんでした。

 ところが、2015年3月20日の夜、新たな春が到来した第一日目のこと、この夢の内容と本質について書くように突如として駆り立てられたのでした。

 それが読むに値するかどうかは、どうぞあなたがご自身で判断してください…

続きはこちら

バラ十字友愛組織からあなたへの訴え(マニフェスト2014年版)

 1614年に、宣言書『バラ十字友愛団の声明』(Fama Fraternitatis)を公表し、バラ十字会は社会にその姿を現しました。

 それから400年を経た本年、バラ十字会AMORCの最高評議会の評議員である私たちは、善良な意図を持つすべての皆さんに次のことを訴えます。

 人類がお互いや、自然界や、自身の良心と争うことを止めて、それらと再び調和して生きることを促す私たちの活動に加わってください。

 精神性の重視(spirituality:スピリチュアリティ)、人間の尊重(humanism:ヒューマニズム)、環境の保護(ecology:エコロジー)という3つの柱によって、この『あなたへの訴え』が導かれ支えられ、あなたの心に届くことを心から願っています…

続きはこちら

バラ十字友愛組織の姿勢(マニフェスト2001年版)

 この宣言書「バラ十字友愛組織の姿勢」は、いわゆる終末論的な論評とは一線を画すものです。また、決して黙示録のようなものでもありません。

 この宣言書の目的は、今日の世界の状況に関する私たちの見解を述べ、その未来を私たちが憂えていることを明らかにすることです。

 私たちのかつての兄弟たちが、当時既に行っていたように、私たちもまた、これまで以上に「ヒューマニズム」と「精神性」を訴えていきたいと考えています。

 というのも、現代社会に広がっている個人主義と物質主義では、人々が当然の権利として望んでいる幸せを人間にもたらすことはできないということを私たちは確信しているからです。

 この宣言書を人騒がせに思う人たちもいることも確かでしょう。しかしこのような格言があります。「自分の意志で聞くことも、見ることもしない人よりも、耳も聞こえず、目も見えない人がいるだろうか。」

 今日の人類は、悩み苦しみ、混乱しています。物質的に大きな進歩を遂げてきましたが、それによって本当の幸せはいまだにもたらされてはいませんし、穏やかな未来を予見することもできないでいます。

 戦争や飢饉、伝染病や生態系の大変動、社会的危機や基本的自由に対する攻撃などは、現在も続いている多くの悲惨なできごとのうちのほんのいくつかにすぎません。

 そして、それは人間が未来に対して抱いている希望とは全く相反するものなのです。耳を貸していただける方に向けて、このメッセージを書こうと私たちが考えたのはこうした理由からなのです…

続きはこちら

バラ十字会AMORCの宣言書(マニフェスト)を読む バラ十字会AMORCの宣言書(マニフェスト)を読む

 いかがでしたでしょうか。これらの宣言書に書かれている活動の趣旨にご賛同いただけましたら、ぜひ当会をご支援ください。

 そのためにはご寄付という手段もありますが(振り込み方法はお問い合わせください)、最も力強いご支援は、当会の会員になっていただくことです。

 精神性の重視(スピリチュアリティ)、人間の尊重(ヒューマニズム)、環境の保護(エコロジー)を支える重要な要因であると当会が考えている神秘哲学を、会員の特典として通信講座「人生を支配する」で学んでいただくことができます。

 そして、あなたがお納めになる入会金と会費は、教材作成のための費用だけでなく、当会が行なう調査、研究や、一般向け講演、討論会、出版などに活用されることになります。こちらから入会をお申し込みください。

このページのTOPへ