公式ブログ

右という文字には、なぜ口が含まれているのでしょう

2014年2月7日


 

バラ十字会日本本部代表、本庄のポートレイトこんにちは、バラ十字会日本本部の本庄です。

 

ソチオリンピックがとうとう始まりましたね。世界中のアスリートの一流の演技を見たり、それを支えている努力について考えると、おおげさでなく、人間ってほんとうに素晴らしいと感じます。

日本の選手たちの活躍もとても楽しみです。

 

 

さて、今回話題にしたいのは、中国の古代の文字のことです。

「右」という文字に、なぜ口という部品が含まれているか、疑問に思ったことがおありでしょうか。

 

甲骨文字の権威だった京都大学の白川静さんの研究成果によると、そもそも「口」という文字は、食べたり話したりするための、顔についている器官を表していたのではありません。

口の古代文字口という文字は、もともとは、右の図の形をしていました。そしてこの文字は、古代中国で儀式に使われていたある容器を表わしているのだそうです。この容器の中には、神への感謝や誓いが書かれた文書が入れられました。

 

金文文字の右そして、この容器は必ず右手で持つことになっていたので、「右」という文字には、口という部品が含まれているのだそうです。「右」の古代の字形(右図)の右上にある部品は、手の形を表しています。ちなみに、「右」という文字が元々表していたのは、この容器を持って、神を呼び寄せる儀式のことだそうです。

 

 

金文文字の左一方、別の儀式で使われる「工」(こう)という道具があり、こちらは左手で持つことになっていました。「左」という文字は、手の形を表した象形文字の部分と、この道具を表す部分の2つからなっています(右図)。

 

 

「口」という文字の本来の意味がこのように解明されたことで、「口」を部品として含む多数の漢字の成り立ちが一挙に解明されました。

甲骨文の言たとえば、「言」という文字があります。この文字は、容器「口」に誓いの文書を入れ、神に対して約束を行う儀式を表しています。古代のこの文字(右図)の上部は、入れ墨のための針で、もし誓いを破った場合には、その人には、罪人を表すしるしとして、入れ墨がされることになっていました。

 

このように漢字を見ていくと、古代中国では呪術や儀式が、とても重要な役割を果たしていたことが分かってきます。

 

私たちは毎日、漢字を使っています。ですから、漢字から私たちの潜在意識にはさまざまな影響を与えられています。しかし、今回ご説明したような事柄は、日常ほとんど意識していないのではないでしょうか。

 

中国に限らず世界中で人類は、ほとんど例外なく歴史の初期に、さまざまな呪術や儀式を行ってきました。今から見れば、あまりに非科学的に感じますが、このことはほんとうに無理のないことです。

 

原始時代の人々は、肉食獣におびやかされ、天変地異に翻弄され、日常的に、獲物の不足に悩まされていたからです。動物だけでなく、木々や石や山にも命や意志があり、自分たちに悪意を持ったり好意を持ったりしているように思えました。

梅の花そのような中で、無力感にさいなまれながらも、少しでも幸せになろうとして、儀式によって神々の恩恵を得ようとしたり、厄災を避けようとしたり、豊漁や、順調な季節のめぐりを祈ったりしたのでしょう。

 

 

 

私たちに近い現世人類が現れたのは、およそ20万年前だと言われています。そして、文明が発達して、人が動物や飢餓にあまり悩まされない環境を、ようやく手に入れることができるようになったのは、たった数千年前のことです。

ですから、人類が、呪術にたよるばかりであった歳月は、そうでなくなった期間よりもはるかに長いのです。そのため、私たちの意識には、誰であっても、呪術とともに生きていた時代の影響が数多く残っています。

 

具体的に言えば、暗闇を意味もなく恐れたり、雲や木の形などの自然界の偶然のできごとを吉凶のきざしだと考えたり、黒猫が自分の前を横切ったりカラスが集まるのを不吉だと考えたり、呪いの効果を信じたり、ハシゴの下をくぐったり、鏡を割ったり、忌み言葉を発してしまうと不運が呼び寄せられると考えたりたりすることです。

これらの中には、たわいもなく、問題にするべき必要のないものもありますが、一方で、理性的に考えることや行動の自由を妨げてしまうものもあります。しかし反対に、古代の知恵から、さまざまなことを学ぶこともできます。たとえば、儀式そのものにはどんな効果があるのでしょうか。右手と左手で道具を使い分けることにはどのような理由があったのでしょうか。

 

以上、ご紹介したのはほんの一例ですが、呪術や儀式と私たちの祖先のかかわりについて、興味深くお感じいただければ、とても嬉しく思います。

 

■ バラ十字会の神秘学通信講座のご紹介

今日の話題に関連していますが、バラ十字会の研究陣の調査によって、右手と左手には異なる性質のエネルギーが流れていることが分かっています。そして、このエネルギーは健康の改善に役立てることができます。

古代の呪術や原始人の考え方は、人類学者によって詳細に調査されており、それらを詳しく知ることによって、私たちはさまざまな囚われから自分の心を解放することができます。

これらは、バラ十字会が提供している通信講座「人生を支配する」の初心者課程に含まれているテーマです。この講座の内容を詳しく知りたい方は、次のWebページをご覧ください。

神秘学通信講座「人生を支配する」

 


このページのTOPへ