公式ブログ

クリスマス・キャロル

2016年12月9日


こんにちは。バラ十字会の本庄です。

東京板橋ではこの数日、冬らしい、乾燥した晴天が続いています。

いかがお過ごしでしょうか。

 

先日、スターウォーズのテレビ放送をビデオに取ることができ、久しぶりに見ました。ダースベイダ―やパルパティーンなどの悪役キャラに迫力があり、実に小気味がよいほどでした。

映画に限らず興味深いストーリーには、すごみのある悪役が欠かせないようです。

 

悪役といえば、小説『クリスマス・キャロル』のスクルージも有名です。この小説について、札幌で当会の公認インストラクターをされている森和久さんから文章をお寄せいただいたので、今日はそれをご紹介させていただきたく思います。

 

▽ ▽ ▽

 

文芸作品を神秘学的に読み解く② クリスマス・キャロル(A Christmas Carol)

森和久のポートレート

森 和久

 

 

19世紀のイギリス人作家チャールズ・ディケンズが書いた『クリスマス・キャロル』は、この季節になると取り上げられる定番の作品です。何度も映画化されていますので、ご覧になった方も多いことでしょう。

 

Charles Dickens-A Christmas Carol-Title page-First edition 1843

『クリスマス・キャロル』、原本扉、John Leech [Public domain], via Wikimedia Commons

 

スクルージという冷酷でエゴイストな老人が主人公です。彼の名は、英語で「守銭奴、利己的な人」という意味の一般名詞として使われるようにさえなりました。また、映画『3人のゴースト』の原題は『Scrooged』、つまり「スクルージな人=利己的な人」です。

 

クリスマス・イブに甥のフレッドが、クリスマスのディナーにスクルージをいつものように招待しますが、例によってスクルージはそれをけんもほろろに断ります。

その夜、スクルージは7年前に亡くなった共同経営者ジェイコブ・マーレイの亡霊と対面し、過去、現在、未来の霊それぞれの訪問を受けるだろうと伝えられます。スクルージは、それぞれの霊に連れられて町の各地を訪れ、自分と向き合い改心していくのです。

 

Marley's Ghost-John Leech, 1843

スクルージとマーレイの亡霊、John Leech [Public domain], via Wikimedia Commons

 

神秘学では7という数のことを、物質の世界の周期を支配している数だと考えています。ジェイコブという名前から、キリスト教圏の方々の多くは、神(エル)に打ち勝った者(イシャラー)を意味するイスラエルという名を授かったヤコブを思い起こします。ジェイコブが死んで一つの周期が巡り、スクルージにこのできごとが起こります。「現在の霊」が服の中に抱え込んでいたのは〈無知〉と〈欲〉という子供でした。

 

この霊(Sprit)とは何なのでしょうか。神秘学的に言えば、「内なる師」つまり「内的な自己」です。または俗にいう「守護霊」ということになるでしょう。

極悪冷徹なスクルージのような人間でも心の深い底には、情と慈愛にあふれる魂を持っているということなのでしょう。だからこそ善良な市民として立ち直れると。

 

ではスクルージほど冷酷でない私たちは、どのように為すべきなのでしょうか。それはスクルージとの対比として、甥のフレッドを通して描かれています。

フレッドの亡くなった母親、つまりスクルージの妹は、子供のころ、離れ離れで暮らしていた兄スクルージと一緒に暮らせることになったときに心底喜んだ心優しい少女でした。そんな母親の心を受け継いでいるのがフレッドです。

クリスマスツリーと流れる音楽

 

スクルージをクリスマス・パーティに誘い、断わられたフレッドはこのように述べています。

「あの人が好もうが好まざろうが、僕は毎年こういう機会をあの人に与えるつもりですよ。だって僕はあの人が気の毒でたまらないんですからね。あの人は死ぬまでクリスマスを罵っているかも知れない。」

「しかし、彼は考え直さずにはいられないでしょう―僕はあの人に挑戦しますよ―僕が上機嫌で、来る年も来る年も、『スクルージ伯父さん、ご機嫌はいかがですか』と訪ねて行くのを見たらね。」

「もし、あの憐れな使用人に50ポンドでも遺しておくような心持にしてやれたら、それだけでもなんらかの事はある訳ですからね。それに、僕は昨日あの人の心を大きく揺るがしたと思うんですよ。」

 

私たちはこのフレッドのような人に学ばなくてはならないと思うのです。誰か大切な人の「内的な自己」も目覚めるのを待っているはずです。迎えに行ってあげるのが私たちにできることなのではないでしょうか。

 

△ △ △

 

この物語のスクルージの悪人ぶりも見事ですが、世界の歴史を代表する悪人に、ヘンリー8世がいます。ご興味をお持ちの方は、こちらもどうぞ。

参考記事:『イギリスの王室の大悪人ヘンリー8世

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます。

それでは、また。

 

追伸:メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」に、こちらから登録すると、このブログに掲載される記事を、無料で定期購読することができます(いつでも配信解除できます)。

 


このページのTOPへ