公式ブログ

未来に何を望みますか

2017年3月10日


 

こんにちは。バラ十字会の本庄です。

バラ十字会日本本部代表、本庄のポートレイト

 

東京板橋は、霞がかかったような春らしい晴れの日になっています。

 

そちらはいかがでしょうか。

 

さて、今日でちょうど2ヵ月になりますが、米国のオバマ大統領(当時)が1月10日に、シカゴで彼の任期を締めくくる退任の演説を行ないました。

 

彼が就任したのは、2009年、47歳のときのことでした。それ以降の8年間、皆さまもご存知のことと思いますが、「希望と変革」(hope and change)が変わることなく彼のメッセージでした。そして退任演説にも、その思いが込められています。

 

この演説は感動的でした。私の拙訳ですが、ご紹介させていただきたく思います。

 

「…私たちの暮らしを守るのは、軍隊だけの仕事ではありません。私たちが恐怖に負けると、民主主義は歪められてしまうことがあります。」

「ですから国民として私たちは、外からの攻撃に対して警戒を怠らないのと同時に、私たちを自分で望んでいるとおりの私たちにしてくれている価値観が弱められないように、それを守らなければなりません。」

 

「そのために私は、今までの8年間、テロリズムとの戦いを、法律にしっかりと基づいたものするための仕事をしてきました。」

「たとえば、拷問が行なわれないようにし、グアンタナモの収容所の閉鎖に取り組み、国家機関による監視を規定している法律を修正してプライバシーや市民の権利が守られるようにしました。」

「また、イスラム教徒の国民を差別することになる法案を拒否しました。彼らも、他の人々とまったく同じように、国を愛する心にあふれているのです…」

 

「皆さんにお願いがあります。建国の文書に込められた信念を、しっかりと皆さんの心に保ち続けていただきたいのです。」

「それは、奴隷だった人たちと奴隷制を廃止したいと考えていた人たちが、小声でささやいていた思いでした。移民と入植者の方々、正義を求めて進軍した方々が歌に込めた精神でした。」

 

「それは、国外の戦場から月面まで、さまざまなところに旗を立てた人たちによって再び強められた信念であり、自分の歴史を作っている最中の、すべてのアメリカの人たちの心の奥底にある信条です。」

「そう、私たちにはできるのです。私たちは、なし遂げてきました。私たちには、望む未来を実現することができるのです。」

Aldrin Apollo 11

月面着陸 By NASA [Public domain], via Wikimedia Commons

 

私たちバラ十字会AMORCは、政治活動にかかわらないことをモットーにしていますので、演説の中の政治的な内容については、特に述べることはありません。

しかし、私たちには望む未来を実現することができるという、希望にあふれた最後の言葉には心が震えました。

 

バラ十字会の神秘学では、宇宙の法則に反せず、すべての人と他の生きものの幸せを妨げないことであれば、思い描けることは必ず実現できると説明されています。

私たちが何かを思い描いたとき、非物質的な世界には思念体(thought form)と呼ばれる、ある核が形成されます。そしてこの核は、思い描いた事柄が現実化していくときに、種子としての役割を果たします。

 

この文章を読んでくださっている皆さんにお願いがあります。この週末に、5分だけ時間をとっていただきたいのです。

そして、ひとりになれる静かな場所で、あなたが望む未来の世界の姿を思い浮かべていただきたいのです。

 

それは、世界平和が実現した世界でしょうか。飢餓のない世界でしょうか。

環境が十分に守られ、地球上のすべての生きものが幸せに暮らしている世界でしょうか。

人は一人一人違っていて、この違いが、人類全体の宝であるということが常識になった寛容な世界でしょうか。

 

いずれでも、またあなたが考える他の理想的な世界でも良いのですが、それが実現したありさまを思い浮かべていただきたいのです。そして、その未来が実現したときのあなた自身の喜びも、そこに込めるようにしてください。

 

私は、よく知っている広場に、あらゆる人種、あらゆる年齢の方々が集まっていて、微笑みながら握手を交わし合っているところを思い浮かべることにします。

ささやかな行いですが、このような行いが、世界の実際の未来に及ぼす影響は、決して小さくないと私は考えています。

 

話題は変わりますが、当会が米国で活動を開始したのは1915年のことでした。そしてその百周年にあたる2015年に、当会のアメリカ本部はオバマ大統領からのお祝いの手紙をいただきました。

 

この手紙を下記のURLで読むことができます。

ご参考:『オバマ大統領からの手紙』:http://www.amorc.jp/recommend/p_obama.html

オバマ大統領と彼の手紙

 

社会は絶え間なく変化し、私たち人類には常に新たな課題が突きつけられます。

私たちの明るい未来を作り出すことは、私たち自身にしかできず、私たちの誰もがその力を持っているということを、忘れないでいたいと思いました。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

では、また。

 

追伸:メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」に、こちらから登録すると、このブログに掲載される記事を、無料で定期購読することができます(いつでも配信解除できます)。

 


このページのTOPへ