独学の限界

独学に限界はありますが、
自分に合った最適な教材を見つければ不可能ではありません。

「望んでいる自分になりたい」とき

今よりも充実感が感じられる生き方を実現したい」と
思い立ったとき、
あるいは、「望んでいる自分になりたい」と
お感じになったとき、

あなたは、どのようにされるでしょうか。

ひとつには、本屋さんに行って、
自己啓発書を何冊か買ってきて、
独学で、具体的な方法を学ぶことが考えられます。

しかし、実際のところ、完全な独学で自分や状況を変えるというのは、
なかなか大変なことで、
目に見える形で効果が表れる前に あきらめてしまうことが多いようです。

完全な独学は相当な忍耐と努力が必要

それは、自己啓発だけに限らず、 おそらくどんなことであっても、 完全な独学で何かをなし遂げたり、
身につけたりするのには、 相当な忍耐と努力が必要な場合が多いと言えるでしょう。

確かに、本は価格が安いですし、 自分のペースで自由に勉強が行えるので、 良質な本を何冊か手に入れて、
独学で自己啓発を行ないたいと、 あなたがお思いになるのも無理のないことです。

変わるためにはある程度の時間は必要

しかし、望ましい自分に変わっていく場合も、
望んでいる状況を実現する場合も、

その効果が表れるまでには、
ある程度の期間、現状を確認して、
進んでいく方向を舵取りするという努力が必要です。

ですから、
モチベーションを保ち続けるということが、
何にも増して、大切なことになります。

人間は、気が変わりやすい

なぜなら、人間というのは、
気が変わりやすいものだからです。

いえ、これはもう、ほとんどの人に
あてはまることではないでしょうか。

本棚には、最初の部分しか読んでいない本が
何冊も山積みになっているとか、
心当たりの方も多いのではないでしょうか。

私たちはひとつの思いをずっと持ち続けることが苦手

つまり、私たちのほとんどは、ひとつの思いをずっと持ち続けることが苦手で、
しかも、置かれている状況も刻々と変化するので、自己啓発の努力を一人で続けていくのは
なかなか難しいというのが実情です。

こんな経験はありませんか?

  • 長く続かない
  • 途中で状況が変わってしまうことがある
  • 本を買ってきても最初の数ページでやった気になってしまう
  • 自分で次にすることを考えないといけない
  • 正しい方向に進んでいるかどうか判断できない
  • 自分を客観視できないので、変わったかどうかわからない
  • 途中でやめても誰にも後ろめたくない
  • 時間がかかる

独学が続かない最大の理由は、
「いつやめても構わない」、「進んでいなくてもわからない」ことです。

独学には、このような限界があります。
ですから、完全な独学で自分や状況を変えるというのは、とても大変なことです。

理想的な自己啓発教材の特徴

それでも自宅学習をご希望でしたら、次のような特徴がある自己啓発教材が理想的です。

  • 知識を得るだけでなく、実際に使えるテクニックが豊富に含まれている
  • 段階を踏んだカリキュラムになっていて分かりやすい
  • 疑問が生じたときには、質問をすることができる
  • 他の学習者と情報交換をしたり、望めば交流することができる。
  • 様々なテーマがバランス良く含まれている

あなたが、継続的に取り組むことのできる
自分に最適な自己啓発のスタイルを見つけられることを願っています。

このページのTOPへ