資料室

視界から去って

Gone From My Sight

ヘンリー・ヴァン・ダイク

by Henry Van Dyke

私は海岸に立っている。かたわらの一艘の船が、
そよ風に向けて白い帆を広げ、青い海に滑り出す。
彼女には、美しさと力が満ちている。
私は長いこと立ちつくし、海と空が互いに溶け合う水平線に、
彼女が、白い雲の切れ端のように浮かぶまでを見届ける。

そのとき、私の横にいた誰かが言う、
「ああ、彼女は行ってしまった」と。

どこに行ったのか?

私の視界から去った。ただそれだけ。
彼女の帆柱も船体も帆桁も、
私のかたわらを離れたときと同じ大きさであり、
そして彼女が、仕事として目的の港へと向かって運ぶ
荷を積んでいることも変わらない。

彼女の小さくなった姿を私は見るが、彼女は見ない。

そして、「ああ、彼女は行ってしまった」と
誰かが言ったまさにそのときに、
彼女の訪れを見つめている他のまなざしがあり、
そして、「彼女がやってきた」と
喜びの叫びを上げようとしている他の声がある。

これが死ということです…。

ヘンリー・ヴァン・ダイク
(米国の作家・教育者、1852-1933)

 ※上記の文章は、バラ十字会が会員の方々に年に4回ご提供している神秘・科学・芸術に関する雑誌「バラ十字」(No.146)の記事のひとつです。バラ十字会の公式メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」の購読をこちらから登録すると、この雑誌のPDFファイルを年に4回入手することができます。

このページのTOPへ