公式ブログ

健康について

2018年11月30日


 

こんにちは。バラ十字会の本庄です。

 

早いもので、明日からもう師走ですね。

いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、今日の話題は健康です。健康の大切さについては誰にも異論のないことと思いますが、規則的な生活とか適度な運動とか、その手の話であれば、あまり新鮮さを感じないという方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、神秘学(mysticism:神秘哲学)という観点からは、もう少し違う話ができます。

当会のフランス代表がこのことについて書いていますので、ご紹介します。

▽ ▽ ▽

健康について(A propos de la sante)

バラ十字会AMORCフランス語圏本部代表セルジュ・ツーサン

バラ十字会AMORCフランス語圏本部代表セルジュ・ツーサン

 

健康は「最も貴重な宝」だとよく言われますが、私もそう思います。

人生には変転がつきものであるとしても、肉体的にも精神的にも病気に悩まされることがなく、常に健康を享受することができれば、生きることはずっと快適になるのではないでしょうか。

しかし、私たちの多くは普段、健康の価値について十分に考えることなく、病気になって初めて、健康であり体のどこにも苦しみを抱えていないということが、どれほどありがたいことなのかを実感します。

ジョギングするミドルのカップル

 

他の人よりも生まれつき体が丈夫な人がいるので、健康という面において誰もが同等の条件にないということは事実です。

このような人は、生またときから活力にあふれていたり、免疫力が高かったり、精神的に頑強であったり、優れた回復力を持っていたりします。そしてこれらの要素によって、病気に対する強い耐性を持っています。

しかしそれでも、どのように日々生活しているかということが、私たちの健康に大きな影響を与えることに変わりはありません。実際のところ、お酒を飲み過ぎたり、タバコを吸ったり、カフェインなどの薬物を取り過ぎたり、不適切な食習慣や、運動不足や休息の不足などが、多くの病気が生じることを助長しています。

このようなことの大部分は、私たちが自身の自由意志を不適切に行使しているという問題に相当します。

 

健康に悪影響を与えているにも関わらず、あまりにもしばしば見過ごされている要因に、ネガティブな思考があります。

ネガティブな思考には、うらやみ、嫉妬、怒り、恨み、憎しみなどの感情だけが含まれるのではありません。ネガティブな思考には、不安、恐れ、心配などを伴う悲観論や敗北主義が含まれます。

このような感情や思考の傾向は、破壊的なエネルギーのようなものであり、それが私たちの体の細胞、内分泌腺、内臓や、生理活動全般に望ましくない影響を及ぼします。また、私たちの体全体の調和を混乱させ、全体的な代謝を劣化させます。

ジョギングする若い女性

 

以上のことから考えると、健康を保つための最良の方法には、身体面の衛生(食事、運動、睡眠)だけでなく、精神面の衛生が含まれると言うことができます。

精神面の衛生のためには、望ましい思考、美しい感情、洗練された情操で心を満たすように努力することが必要です。

ますます多くの医師が、このような要因が健康に影響を及ぼすことを認めるようになり、治癒のための重要な要因として、「道徳心」のことを考慮するようになっています。

予防は治療に勝るということは誰もが知っていますが、私の考えでは、精神面の衛生と道徳心は、病気の予防のために何よりも大切な要素です。

 

あなたを驚かせることになるかもしれませんが、私はまたスピリチュアリティ、つまり自身の心の深奥や普遍的な精神に触れる、瞑想などのような行ないの実践が、健康と病気の防止のために必須だと考えています。

もちろん、スピリチュアリティが万能であり、投薬や外科的な処置に出番がないと述べているわけではありません。投薬や外科処置が不要だなどと語ることは、責任ある態度だとは言えません。

しかし、私たち人間の心の深奥には崇高なエネルギーが生来存在することを認め、このエネルギーと同調するための行ないを定期的に実践するならば、それは身体と精神の健康に必ず寄与します。

このような実践の健康への効果は、極めて大きいことが知られているので、一部の先進的な医師は、治療計画を立案する際にその中に瞑想などを組み入れるようになっています。

 

バラ十字会AMORCフランス本部代表
セルジュ・ツーサン

 

著者セルジュ・ツーサンについて

1956年8月3日生まれ。ノルマンディー出身。バラ十字会AMORCフランス本部代表。

多数の本と月間2万人の読者がいる人気ブログ(www.blog-rose-croix.fr)の著者であり、環境保護、動物愛護、人間尊重の精神の普及に力を尽している。

△ △ △

再び本庄です。

健康と心の関係について考えたとき、私が思い出すのは、フランスの哲学者ルソーの「良心と魂との関係は、本能と体との関係に等しい」という格言です。

この格言にはいくつかの解釈があるようですが、そのひとつは、「体の健康は本能によって守られていて、魂の健康は良心によって守られている」という説明です。詳しくは次の記事をご覧ください。

人生を変えた格言

 

また下記は、前回紹介したセルジュ・ツーサンの文章です。ご参考まで。

正義について

 

では、今日はこの辺で

また、お付き合いください。

 

追伸:メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」に、こちらから登録すると、このブログに掲載される記事を、無料で定期購読することができます(いつでも配信解除できます)。

 


このページのTOPへ