資料室

内なる自己へのフナ(Huna)の小径

ハワイの治療家たちの人間精神モデルと願望の実現

The Huna: Pathway to our Inner Selves

グレン・クロニック

by Glenn Cronick

カメハメハ王のために建設された寺院

 古代ハワイ人は、個々の人の中には、3つの極めて特徴的な自己が宿っていると考えていました。彼らは、私たちの内部に別々の複数の実体があると言っていたのではなく、意識には、自己と呼ぶことのできる3つの明確な側面があると述べていたのです。

 それぞれの自己にはユニークな特徴があり、他の自己と結びついています。

 これらの自己の間の調和と不調和は、人の幸福や不幸の原因になります。それゆえに、これらの自己、すなわち意識の様々な側面の性質と、それらの相互作用を学ぶ責任と、それらの間に調和を作り出す技能を発達させる責任が私たちにはあり、そうすることができる能力が、生まれつき私たちに授けられています。

 それゆえに、自身の意識に内的な統一を促すことが、私たちの責任であるのは確かなことです。
ハワイの神秘的な治療家、カフナ(Kahuna)は、意識の各々の側面に名前を与えました。彼らはそれらを、潜在意識とも呼ばれる下意識と対応したウニヒピリ(Unihipili)すなわち〈低位の自己〉、目覚めているときの意識である客観的意識と対応したウハネ(Uhane)すなわち〈中位の自己〉、そしてアウマクア(Aumakua)、すなわち〈宇宙的な自己〉あるいは内部の〈創造主〉である〈高位の自己〉と呼びました。

 各々の自己は、物質からなるこの現実世界では、身体内の独自の場所に宿っています。ウニヒピリは、それ自体としては横隔膜のあたりに宿っていますが、身体全体にも存在しています。ウハネは、頭部すなわち脳の領域に宿っていて、アウマクアは、頭の上方に宿っており、アカ(aka)という非物質的な材質の紐(ひも)によって身体、特にウニヒピリと接続されています。

ウニヒピリ

 ウニヒピリは心の中でも、下意識(潜在意識)的な側面のことです。その領域は、内的な諸々の働きを統制するもの(dominions)であるので、それは正確には、心の奥に潜んでいる自己と呼ぶことができます。それは創造的な想像力、〈内部の達人〉です。

 この自己は、極めて強力で、身体の不随意活動をコントロールしており、体の働きのためのエネルギーを作り出しています。カフナ達はこのウニヒピリを力強い動物、原始の自然の一部分、訓練と躾(しつけ)と指導を必要とするものにたとえました。しかし実際には、それはコントロールすることができないことを理解することが重要です。ウニヒピリはコントロールはできませんが、心のこもった優しい指導には、よい反応を示します。

 このウニヒピリは、以前の人生と現在の人生の感情、習慣、記憶の所在地であり、それらには、個人的な性質のものと非個人的な性質のものの両方が含まれます。サイキック(超心理学的)な事柄の中枢であり、他の自己に接触することができ、その際にはアカという非物質的な材質の紐を経由します。

 ウニヒピリは、アウマクアすなわち“宇宙”と直接つながる通信の回線を所有していますが、ウハネにはそのようなものはありません。ですから、祈りの際に〈創造主〉に接触しようとしたときに、応答を受けるのはウニヒピリを通してです。象徴が言語として選ばれる夢の中で、ウニヒピリとアウマクアの両方が、ウハネすなわち目覚めているときの意識と交信します。
ウニヒピリは演繹的な推論を使います。それは、その内部に取り入れた前提条件を使って、アウマクアの力を介して、その前提条件から出てくる結果を、極めて詳細に、秩序正しく表現しています。客観的な自己であるウハネを通して私たちが、このウニヒピリという下意識に、様々な思念を与え続けると、それは 宇宙的な自己であるアウマクアに絶え間なく提出されることになり、日々の生活の中に現実化します。

 意識は極めて創造的です。ですから、心の中にある様々な事柄のうち、明確な思念になったものの一部が現実化するということを承知していることは、私たちにとって極めて重要なことです。感情と身体がどのような状況にあるかによって、程度は様々に異なりますが、ウニヒピリはどんな場合にも暗示に従順ですので、健全で建設的な思念が与えられなければなりません。それをなすのは、ウハネの働きです。

ウハネ

 ウハネは、意識の客観的な側面であり、外的な自己と呼ばれるのが最もふさわしいでしょう。というのも、ウハネが働いている基本的な領域は物質世界だからです。ウハネは、五感を知覚し、言語を使い、絵を描き、理性が存在する場所でもあります。ウハネは下意識(潜在意識)的な側面であるウニヒピリと絶え間なく連絡しており、物質的な世界に関して集められた情報と知覚を提供しています。

 ウハネは、現実世界を経験して、それに基づいて思念を作り出す傾向があります。ウハネは、この思念の情報を、感情の込められた思考として、ウニヒピリに伝えます。そのような思考には、習慣的に繰り返されるものと、一回限りの束の間のものの両方があります。習慣的で感情が込められた思考は、ウニヒピリの内部に、極めて強力で永続する印象を作り出します。そして次にそれは、アウマクアに提示され、現実化されるのです。
ウハネは帰納的推論を使うので、それは、物質的なこの現実世界と一致しない、ある前提条件を作ることができます。ウハネは現実を完全に誤解するかもしれず、それは極めて問題になり得ます。ウハネは巨大な意志の力を備えています。古代のハワイ人は、こうアドバイスしています。建設的な前提と肯定的な感情をウニヒピリに供給することによって、ウハネの巨大な意志力を、ウニヒピリを賢明に誘導するために使わなければなりません。

 その目的は、現実に調和をもたらしたり、様々な難題を克服することです。最後になりましたが、次の事に注目することが重要です。ウハネは、その意識を、外部にも内部にも、どちらにも向けることができます。たとえば、何らかの身体活動を行っている時には、意識は外向きに、ある特定のテーマについて熟考している時や瞑想中には意識は内向きになっています。

アウマクア

 アウマクアすなわち宇宙的な自己は、現実世界を創造する者です。カフナたちはこの自己を「神」(the god)と呼びましたが、それを〈世界を創造した至高の存在〉であるとは考えませんでした。そうではなくてアウマクアのことを、祖先、あるいは高度に発達した魂であると考え、男性的な性質と女性的な性質の両方を備え、偉大な進歩と幸福へ向かって、その個人を導き援助するために遣わされていると考えていました。

 この“神”は、いかなることも達成することができ、完全に信頼できる存在であり、個々の人の幸福に精力的に身を捧げている誠実な魂です。この宇宙的な自己は、ある目標を達成するためには、他の人の宇宙的自己、そして他のより進化した存在、さらには〈世界を創造した至高の存在〉に接触することさえ適切と判断することがあります。

 さらにウニヒピリは、ウハネからある前提条件を受け取った後に、その思念を現実にするためにアウマクアに渡します。ウニヒピリに与えられた、感情に満ちた前提を、アウマクアは常に受け取っていて、自身の個々の現実を創造するためにその情報を使います。

 ですから、あらゆる考え、言葉、行為は強力な祈りのようなもので、その性質に合致した現実を出現させます。人は種をまいたからには、その通りのものを収穫するのです。ですから、肯定的で、建設的で、誠実さに満ちた種類の、質の高い感情と思念を、ウニヒピリに供給することは極めて重要なことです

 3つの自己はすべて、一日のうち24時間、一週間のうち7日間、常に互いに連絡を取っていることを念頭に置くようにしてください。また、ウニヒピリだけが直接アウマクアに接触できることを理解してください。ウハネはウニヒピリを介して、アウマクアに接触します。

 感情に満ちた性質の思考がウハネによってなされた時、この思考はウニヒピリに刻みこまれ、次に現実化されるためにアウマクアに示されます。その思考がより強く、より粘り強いものであればあるほど、より明確にそれは出現することになります。

「ハ」(Ha)の祈りの儀式

 意識の質を高め、それによって、自身が経験するために、そして他の人々の利益のために、今より望ましい現実を切り開くことは、バラ十字会員の絶え間ない願望であり挑戦です。

 ハワイのカフナ(Kahuna、治療家)は同じ目標を追求して、それを達成する主要な方法として祈りを使っていました。この知識の研究は、今日「フナ」(Huna)と呼ばれており、「フナ」の現代の研究者たちは、この祈りの伝統的手法を「ハの祈りの儀式」(Ha Prayer Rite)と名付けました。

 カフナは、祈りを現実化し、現実を再構築する前に、達成への小径(こみち)からは、障害が除かれていなければならないと考えていました。カフナは、罪が、実際のものであるか想像上のものであるかにかかわらず、ウニヒピリとアウマクアの間の接続の障害となると考えていました。そして祈りが、意図的にある方向に向けられ、感情的に表現されても、罪によって無効にされてしまうと考えていました。

 習慣となった否定的な感情の全てには同じ傾向があるので、肯定的な感情に置き換えられなければなりません。したがって、実際に行ったか、心の中で行ったかにかかわらず、人は犯した悪事について、自身を許し、償いをしなければなりません。古代のハワイ人にとって唯一の罪は、意図的に他の人を傷つけようとすることでした。また、私たちは自分のウニヒピリと話し、今望んでいる事柄を実現する価値が、自分にはあるということを、自分自身に納得させなければなりません。さらに、その願望が満たされたときの結果が、自身の道徳的な信念に沿っているかどうかを考えることが必要です。

 それは、庭づくりのために土を準備することに似ています。土が耕されて、肥料で満たされて、石が取り除かれれば、種をまくことができます。同様に、小径(こみち)から精神的に障害となる石が取り除かれたら、私たちは、祈りを植えはじめることができるのです。
何が現実化されるのを見たいのかを正確に一旦決めたならば、それをはっきりと思い浮かべ(視覚化し)なければならないとカフナは考えていました。詳細に、そして生き生きと心の中で何かを「見ること」は難しいと感じる探求者がいるのに留意することが重要です。

 そこで、視覚化には、言葉の絵、すなわち「言葉による視覚化」(word visualization)と私が呼ぶものを含むということを心に留めておきましょう。自身の願望のすべての詳細を、言葉を使って表現すると同時に、それが実際の現実化されたときの感情を込めることで、驚くべき成果が導かれることを私は経験しています。

 私たちが自身の願望を一旦視覚化したら、自身に最も適したどのような方法でも良いのですが、それを感情的に支援(back up)しなければなりません。カフナは、この行為自体を、自分の願望をウニヒピリへ伝達することだと理解していました。そしてそれは、現実化されるために最終的にはアウマクアへと示されます。感情がないと、願望は死んでしまい、あなたの種は発芽しないのです。

 粘り強く、感情に満ちた思考のすべては、何らかの形で、現実化されます。したがって、自分が望んでいるものを真に願うことの重要性を理解することができます。心から欲しいと思っているものをではなく、望むべきだと感じている何かを求めることが、よくあります。そのような場合、私たちの願望は熱意に欠け、わずかなもののみが現実化するか、もしくは全く結果を得ないことになります。生じさせようとするものを、私たちは、強い感情とともに、本当に望まなければなりません。

 祈りを行っている間、カフナは精神を静めるために、コントロールされた深呼吸を行い、マナ(mana)すなわち生命力のエネルギーでウニヒピリを満たします。これは、身体のエネルギーレベルを上昇させて、強烈な感情を呼び起こすことができるようにする重要な方法でした。
この感情に満ちた願望を、ウニヒピリに示すために最も適しているのは、ウハネとウニヒピリの間のバランスがとれている時です。目覚めている状態の時は、ウハネすなわち客観的な自己が優勢で、睡眠状態の間は、ウニヒピリすなわち下意識の自己が優勢です。

 したがって、入眠時と出眠時の状態が、この2つの自己の接触のためには理想的です。体と精神がリラックスしつつ敏捷になっている瞑想や儀式も、簡単なものでも手の込んだものでも、優れた機会となります。ウニヒピリがあまりにも強く顕著になっている時には、提示をおこなうための活力が欠けており、ウハネがあまりにも強く顕著になっているならば、私たちは、目覚め過ぎていて、外界からの感覚に刺激されすぎているので、提示は届きません。

 したがって、リラックスと敏捷さという、2つの理想的な状態が育まれていなければなりません。熱い風呂やシャワー、十分な食事、強烈な肉体活動の後に、しばしばこの状態を経験することができます。

感情によってそれを支援せよ

  感情に満ちた要求が一旦なされたら、その願望は忘れ去らなければなりません。土が準備された後に庭に植物を植えることに、このプロセスをたとえることができます。種を選び、土を整え、種を撒いて、水をやり、そしてそれが成長するに任せて、収穫の準備をしなければなりません。

 私たちが、種が発芽するのを見るために土を堀り起こしたならば、種は決して成長しないでしょう。私たちは、自信、信頼、そして期待とともに種に水をやり、種が発育し成長するままにしておかなければなりません。

 親愛なる皆さん、あなたの願望を現実化する手順は次の通りです

 第1に、何を望んでいるかを正確に決めてください。第2に、罪悪感と疑いを、通信の経路から取り除くことによって土を準備してください。第3に、客観的な自己と下意識の自己の間のバランスのとれた、リラックスした状態で、感情を込めて、熱心に願望をウニヒピリに示してください。第4に、ウニヒピリに再び示すまでは、願望は忘れ去らなければなりません。

 提示は、私たちの下意識に印象が適切に受け取られたと感じるまで、繰り返し行なうことができます。ローマカトリックの9日間の祈りとそれに続く儀式には、そのような繰り返しを見ることができます。

 最後に、信頼と期待をもってこの願望に水を与えなければなりません。ウニヒピリが願望を受信し、その願望を、創造のためにアウマクアに提出したら、自然の法則に従って、願望は現実化するということを信頼しなければなりません。

 【免責事項】この記事に書かれている効用には個人差があり、すべての方に同様の効用を保証するものではありません。

 ※上記の文章は、バラ十字会が会員の方々に年に4回ご提供している神秘・科学・芸術に関する雑誌「バラのこころ」の記事のひとつです。バラ十字会の公式メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」の購読をこちらから登録すると、この雑誌のPDFファイルを年に4回入手することができます。

エソテリックな知識を、あなたの手に


日本本部代表
本庄敦

 古代ハワイの治療家として有名なカフナたちは、医学、宇宙の秩序、大自然との共存、願いの現実化についての知識の守護者でした。残念なことに、これらの驚異的な知識は、今ではその多くが失われてしまいました。

 しかし、西洋でも東洋でも、さまざまな探究者たちの団体が、時代を超えて、このような種類の知識を、さまざまなルートで伝え続けてきました。

 そのような団体のひとつに、南フランスのラングドック地方で活動していたフランスバラ十字会があります。

 この団体が所持していた知識は、1909年に米国のバラ十字会に受け継がれました。そして、後の平和な時代に、世界中にこの団体の支部が結成され、現在に至っています。1977年に創設されたバラ十字会日本本部もその一つです。

 もしあなたも、カフナたちと同じように、エソテリックな知識を手に入れたいとお考えでしたら、次のご提案があります。

 週一回、できれば曜日を決めて、ひとりきりで静かに過ごすことのできる時間を、30分~1時間ほど確保します。そして、自分の心の深奥と人生について思索していきます。

とはいえ、これだけでは漠然としていていますし、特に、最初は何を考えたら良いかが分からないことと思います。

そこで、私たちから、その手引きとなる「教本」をご送付させていただきます。

この教本で、次のことを実現していきます

  • 宇宙と人生に働いている様々な法則を知り、正しい選択と決断を行うためのテクニックを学ぶことで、自身の人生を支配する
  • あなたの周囲の人々がより幸福であるのを援助することができるようになる
  • 宇宙意識を体験する

この教本は、私たちバラ十字会がご提供している神秘学通信講座「人生を支配する」の一部です。

この通信講座は、これまで日本で1万5千人を超える多くの方々にご愛顧をいただき、おかげさまで、開講して42周年を迎えることができました。


  通常価格 → キャンペーン価格
入会金 5,780円  →    0円
会費(1ヵ月) 3,360円  →    0円
合計 9,140円  →    0円

最初の1ヵ月分の教本には、以下の内容が含まれています

  • 宇宙と人生に働いている様々な法則を知り、正しい選択と決断を行うためのテクニックを学ぶことで、自身の人生を支配する
  • 自律神経系の交感神経のエネルギーを利用して、体や精神の疲れを自分自身で緩和する実習
  • サイコメトリーの実習(金属や宝石や書籍に刻印されている、以前の持ち主の情報を読み取る実験)
  • 他の人のオーラを感知する実習
  • 神秘学(mysticism)と宗教の違い
  • 神秘学派の歴史、19世紀の学者が誤解した大ピラミッドの真の用途
  • バラ十字会の歴史、クリスチャン・ローゼンクロイツの正体

フランスの有名な歴史雑誌「歴史の現実」は2010年の特集号で、バラ十字会の「知」の伝統が私たちに継承されてきた経緯を詳細に解説しています。


この通信講座は、どのような価格でも販売されたことも、今後もされることもありません。
教材は、会員が人生について探究するために、会員の権利の一部として、機密文書としてお渡しされるものであり、受け取った人は、教材を他の方に公開することも、譲渡することも転売することもできません。

あなたがお受け取りになるのは、この教本だけではありません。
バラ十字国際大学という当会の研究機関の報告や、その他の執筆陣の、芸術、科学、神秘学についての記事が掲載された雑誌「バラのこころ」(季刊)。自宅学習のカリキュラムを補足する、自由参加の学習会(札幌、東京、名古屋、金沢、岡山)の開催予定が書かれた「アモールク・ニュース」(月刊)も、1ヵ月分を無料でご提供させていただきます。

1ヵ月無料プログラムを受講するための手順

1ヵ月無料プログラムを受講するためには、次のようにしてください。

  1. まず、下記の誓約書をお読みください。
  2. この誓約書に同意される方のみ、その下の申し込みフォームに必要事項を記入して、
    「入力内容を確認する」と書かれたボタンを押してください。
  • お申し込みが完了すると、あなたは当会に正式に入会され、その権利として1ヵ月分の教材を受け取ることになります。
  • もちろん個人情報は厳密に保護され、
    ご自身で公開しない限り、あなたが当会の会員であることは誰にも知られません。
  • そして、継続のお申し込みがない限り、会員権は1ヵ月後に自動的に消滅することになりますので、あらかじめご了承ください。

フランスの偉大なシャンソン歌手エディット・ピアフは、40歳のころに当会へ入会しました。上はそのときの申込書です。彼女の晩年の芸術活動には、当会の哲学が大きな影響を与えています。


以上をご理解の上、以下の誓約に誠実に同意される方だけ、お申し込みください。

誓 約 書

バラ十字会日本本部AMORC 記録役殿

私はここにあなたのご招待をお受けして、バラ十字会AMORCの会員の権利である教育コースの1ヵ月無料体験を申し込みます。そして、この申し込みが認められましたら、すべての新入会員と同じように以下の誓約に従います。

「私に送付されたすべての教本とその他の教材は、他の人には一切示さないように大切に扱います。そして、人生のより良い理解と、目標達成に至る過程での私の採るべき一歩一歩を見極めるために、その内容を慎重に検討いたします。」

申込みが殺到し、事務作業が対応できなくなった場合など、
この無料キャンペーンは、予告なく停止させていただくことがあります。
ご希望の方はお早めにお申し込みください

付記:人生や宇宙についての新しい見解に、先入観を持たずに臨むことができる方にだけお勧めします。

下の1ヶ月無料体験お申し込みフォームに記入して、「入力内容を確認する」ボタンをクリックしてください。
登録した情報が第三者に渡ることはありません。
詳しくは「個人情報の取り扱いについて」をご覧ください。

1ヶ月無料体験お申込みフォーム

の付いている項目は、必須入力です。

全角文字で入力してください。
全角文字で入力してください。
全角カタカナで入力してください。
全角カタカナで入力してください。
数字とハイフンのみ(すべて半角)で入力してください。
数字とハイフンのみ(すべて半角)で入力してください。
何かございましたらご記入ください。

このページのTOPへ