資料室

進みなさい

Progress

エラ・ウィーラー・ウィルコックス

By Ella Wheeler Wilcox

あなたの魂にたくさんの窓が開かれるようにしなさい。宇宙のすべての輝きがあなたの魂を美しくしてくれるように。

見すぼらしい信仰という小さな窓がひとつあるだけでは、無数の源から放たれている輝かしい光を受け取ることはできません。

迷信というブラインドを引き上げなさい。真実そのもののように広く、神のように高い、曇りのない窓を通して光が注がれるようにしなさい。

なぜ魂は、聖職者がカーテンをかけた窓を通して外を見ながら、疑いという薄暗い廊下を手探りで進まなくてはならないのでしょうか。宇宙という果てしない海が放つあふれんばかりの輝きが、愛という金色の波とともに、魂を覆うかもしれないというのに。

朽ち果てた信仰の残りかすを集めて捨ててしまいなさい。使い古した信念のクモの巣を払いなさい。そしてあなたの魂を、理性と知識の光に向けて大きく開きなさい。

星々が奏でる言葉のない音楽と、自然の声に耳を傾けなさい。そうすれば、草花が太陽に顔を向けるように、あなたの心も真実と善のほうを向きます。

目に見えない千の手があなたに差し伸べられ、平和が君臨する高みへと向かうことを助けてくれます。そして天空のすべての力が、あなたの強さに、さらに強さを加えてくれます。

一部だけしか明かされない真実など恐れずに捨てて、全体を掴んで手に入れなさい。

 ※上記の文章は、バラ十字会が会員の方々に年に4回ご提供している神秘・科学・芸術に関する雑誌「バラのこころ」の記事のひとつです。バラ十字会の公式メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」の購読をこちらから登録すると、この雑誌のPDFファイルを年に4回入手することができます。

このページのTOPへ