スフィンクスについて

通常、ギザの大スフィンクスは、ライオンの体とファラオの頭部を組み合わせであり、王の権威を誇示するために用いられたのだとされています。一方で、人間の頭、牡牛の胴体、獅子の爪、鷲の翼の組み合わせであり、黄道十二宮と四大元素の象徴であるという説もあります。

五大と四大元素について

古代インドの五大という考え方と古代ギリシャの四大元素という考え方の象徴としての豊かさや様々な実践での実用性を知ると、これらの考え方は、世界(マクロコズム)と人間(ミクロコズム)を全体的なシステムとして捉えるための方法だと言うことが理解されます。