【鮨】文芸作品を神秘学的に読み解く36

「鮨」というこの作品を1月に発表した岡本かの子は、翌2月17日に亡くなります。そして、日本は大戦へ突き進んでいきます。寿司屋もネタが入らず休業や廃業に追い込まれた所が少なくなかったようです。そんな中、太郎は芸術家として大成していきます。

『言葉のおもちゃ箱』のこと

新聞の広告欄で、ちょっと気になる本を見つけました。タイトルが『言葉のおもちゃ箱』とあります。これは買わねばならぬとばかりに行きつけの本屋さんに直行。店員の方に聞いてみると『在庫はありません』のひとこと。取り寄せてもらうことにしました。

【ひとりぼっちの政一】文芸作品を神秘学的に読み解く34

私がこれまで最も多くの回数読んだ本が、この『ひとりぼっちの政一』です。初めて読んだのは、上の妹が、課題図書として小学校から借りてきたのを偶然手に取ったときです。その後、下の妹や近所の子に借りてきてもらい読みました。引っ越してからは図書館から借りています。