【ひとりぼっちの政一】文芸作品を神秘学的に読み解く34

私がこれまで最も多くの回数読んだ本が、この『ひとりぼっちの政一』です。初めて読んだのは、上の妹が、課題図書として小学校から借りてきたのを偶然手に取ったときです。その後、下の妹や近所の子に借りてきてもらい読みました。引っ越してからは図書館から借りています。