「マアト」と「アシャ」

真実、調和、宇宙秩序を意味するマアトという基本となる考え方は、エジプト文明の歴史において終始一貫していました。一方、インド・イラン語派に属する言葉を話す人々はアシャと呼ばれる同様の観念を持ち、ゾロアスター教にこの観念が影響を与えました。

ソーヤル

アメリカ南西部のアリゾナ州のホピ族にとって、聖なる山々に住むカチーナは友人であり、訪問者であり、人々に贈り物と食物をもたらす者です。12月に行なわれる「ソーヤル」では、太陽の帰還(冬至)と山々の住まいから村へのカチーナが帰還したことを祝います。