ピノッキオ ~ 謎を秘めた物語

木彫りの少年ピノッキオの物語は、現在でも世界で最も広く読まれている本のひとつであり、多くの言語に翻訳されています。その理由は、単純な子供向けの話という見かけの背後に、おとぎ話と童話の姿を装った、神秘学的な深みのある比喩が込められているからです。

LPレコードの思い出

私がこの3曲の反戦歌と出会ったのはもう五十数年も前のことなのですが、今だかつて地球上から争いごとが絶えていません。戦争の犠牲者は一般民間人だけとは限りません、兵士たちもまた戦争の犠牲者なのです。大義名分の存在する戦争など絶対にありません。

色彩の不思議

色彩には不思議なところがあります。リンゴが赤いのは、「リンゴが赤い」からではなく、自身が「赤い」と感じているから「赤く見える」というのが、人間における「色」の正体のようですが、厳密には、まだまだ解明されていないことも多いようです。