カフナ

古代のハワイの神秘家たちは「カフナ」と呼ばれ、様々な事柄に関して優れた能力を持ち、スピリチュアルな洞察や信仰を通じて、日常を超えたところにある知恵や力を得る方法に関する知識を保持し、その秘密を守っていました。

渦巻とらせんの神秘

渦巻とらせんは、エネルギーの流れを表わすために、太古の昔から用いられていた神秘的象徴で、世界中の遺跡の道具類に見ることができます。渦巻は現在もなお、さまざまな宗教団体や神秘学派で用いられていますし、神秘的な象徴として一般にも使用されて…

ホンギと生命の息吹

ニュージーランドのマオリ族のあいさつにハカ、ホンギがあります。鼻を押し付け合って挨拶するホンギには、生命の息吹を分け合うという意味があり、この伝統は神々から直接伝えられたと考えられて…

「マアト」と「アシャ」

真実、調和、宇宙秩序を意味するマアトという基本となる考え方は、エジプト文明の歴史において終始一貫していました。一方、インド・イラン語派に属する言葉を話す人々はアシャと呼ばれる同様の観念を持ち、ゾロアスター教にこの観念が影響を与えました。

ソーヤル

アメリカ南西部のアリゾナ州のホピ族にとって、聖なる山々に住むカチーナは友人であり、訪問者であり、人々に贈り物と食物をもたらす者です。12月に行なわれる「ソーヤル」では、太陽の帰還(冬至)と山々の住まいから村へのカチーナが帰還したことを祝います。

無料体験のご案内ご入会申込