時間の謎とサトル(SATOR)スクエア

テレパシーやシンクロニシティなどと呼ばれる体験が時差をもって生じる場合、人間の精神内のイメージは時間という制約に縛られずに存在できるように思われます。過去、現在、未来は、現実に縛られた人間の感覚が作り出した幻想で、人間の深層意識は軽々とこれらを超越できるのではないでしょうか。

日々の暮らしを一皮むけば - 畏敬の体験

日々の暮らしを一皮むけば - 畏敬の体験

驚きのあまりポカンと口が開いてしまうようなできごとが日常には満ちあふれています。この記事では、宇宙、生物、芸術、建造物、哲学の4つから、私たちに驚きと畏敬の念を感じさせてくれる実例と驚きをより深く味わい幸せと健康のために役立てる方法が紹介されます。

アンゼルム・フォイエルバッハ作『プラトンの饗宴』

愛の実体という謎

詩の世界では長い間愛こそが人間の最高の感情であると賞賛されてきました。しかし現実の愛は昔も今も詩人のナイフが切り取った高尚な側面ばかりだったわけではありません。古代ギリシャの哲学者、イスラムの神秘家、現代の心理学者は愛をどうとらえているでしょうか。

COP27と太陽光線の手

太陽光線の手という古代エジプトの図案は、アトンと太陽の象徴的な関係を示しています。太陽の光が、地上の生きものの全てに分け隔てなく、エネルギーと暖かさを与えるように、アトンは、すべての生きものの内部に「ある崇高さ」を与えています。