無知という知について

人間の持つ最大の無知とは、知識を持っていないことではなく、自分は本当はどのような存在なのかを知らないということです。それを見いだす方法は、本を読むことやネットサーフィンをすることではなく、内省することと、自身の心の深奥を調査することです。