バラ十字古代エジプト博物館のコレクションから 〜カートネッジの棺〜

Treasures from Rosicrucian Egyptian Museum

〜 Coffin Detail Cartonnage – RC 495 〜

亜麻布とパピルスで型を作り、漆喰を塗るという棺の作成技法やその材料は、カートネッジ(cartonnage)と呼ばれます。カートネッジの棺は、外側の棺の中に入れて、ミイラに密着させてそれを保護する内棺として、エジプト新王国時代の後期に用いられていました。このカートネッジの棺の破片には、神々が並んで描かれ、亡くなった人を守り讃えています。

バラ十字古代エジプト博物館、カートネッジの棺

※上記の文章は、バラ十字会が会員の方々に年に4回ご提供している神秘・科学・芸術に関する雑誌「バラのこころ」の記事のひとつです。バラ十字会の公式メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」の購読をこちらから登録すると、この雑誌のPDFファイルを年に4回入手することができます。

人生を変える・人生を知る/1ヶ月無料体験プログラムのご案内