マヤの9つの葬送の仮面(デスマスク)のう ち最もよく知られているカラクムルの仮面(Mask of Calakmúl)

カラクムルの仮面

メキシコのユカタン半島ペテン盆地に位置する広大な遺跡カラクムルで発掘されたヒスイでできた仮面の各部分が表している象徴的な意味が説明されます。頭飾りのトウモロコシの2つの芽には特に重要な意味があり、オリオン座の正三角形に並ぶ3つの星と関連しています。

ラコタ族の簡素な生活

ラコタ族の簡素な生活

アメリカとカナダに住むラコタ族は、スー族という名の方がよく知られていますが、ヨーロッパから来た人々からの侵略を受け、西部へと追いやられました。狩猟採集民であるラコタ族は、キツネやクマのことを注意深く観察し、その方法を生活に取り入れていました。

チェルケスの人々

チェルケス人は、北コーカサスのチェルケス地方にルーツを持つ民族です。チェルケス地方の先住民の信条であったハブゼ(Habze)が、チェルケス人の行動規範に組み込まれて、彼らの行動に指示を与え彼らの価値観や世界観を形作っていました。

東という方角と古代人について【古代遺跡と二分二至】

古代人にとって、春分と秋分、夏至と冬至という二分二至、季節の移り変わりを正確にとらえることは狩猟、採集、農耕のいずれにも重要でした。春分と秋分に太陽が昇ってくる方角は真東にあたります。多くの古代文化で、東は特別な方角だとされていました。今回は、東という方角と古代人についての話題をいくつかご紹介したいと思います。

虹の蛇

オーストラリアの原住民の方が、乾期には地底深くに潜み、雨が来れば雷雲に昇り、天上に虹となって現れるという伝説の蛇について語ります。彼は、虹の蛇が深く関わるであろう、人類の明るい未来について予言します。