公式ブログ

エメラルド・タブレットと樹皮のたとえ

2018年11月16日


 

 

こんにちは。バラ十字会の本庄です。

バラ十字会日本本部代表、本庄のポートレイト

 

東京板橋では、昨日から晴れが続いていますが、朝は、手がかじかむほど寒くなりました。

 

そちらはいかがでしょうか。

 

さて今日は、『エメラルド・タブレットの解釈と説明』の後半をご紹介したいと思います。

前半についてまだお読みでない方は、できればこちらの記事を先にご覧ください。

参考記事:『エメラルド・タブレットの解釈と説明』(前半)

 

しかしその前に、前半の文章に登場した「スピリット」(生命力)と、後半の文章に登場する「外皮」に深く関係している、カバラの研究家の「樹皮のたとえ」をご紹介したいと思います。カバラの研究家は、人間が犯す罪のことを樹皮にたとえています。

 

樹皮とは、樹液が循環せずに固まってしまったため、汚れたしわができた“外皮”の部分で、やがて乾燥してはがれ落ちます(fall away)。

神秘学(mysticism:神秘哲学)によれば、私たち人間には、周囲の環境と社会を理想の状態に近づけるという仕事と、自身の性格を洗練し完成させるという仕事があります。

この2つの仕事は、「善を行うこと」にあたります。そして善を行うためには、樹液(生命力)を働かせなければなりません。樹液を働かせずに固まらせてしまうならば、その人は死んだ樹皮のように退化し萎縮して、樹皮と同じように堕落(fall away)してしまいます。

 

しかし、悪は必ず善に包み込まれて無効にされるため、自然の中には、最後まで悪であり続けるものはありません。

死んだ樹皮は、誰かがそれを拾(ひろ)い、火を起こし、その熱で体を暖めたり、その灰で肥料を作ったり、木を育てたりするので、やはり役に立ちます。

また、樹皮は木の根元で分解して栄養になり、木の根を通って樹液に戻ります。

 

カバラによると、永遠の炎が悪を焼き尽くしますが、それは実は罰ではなく、浄化のための再生の炎であり、悪は、全般的に有用である善に戻されます。

 

それでは、ヘルメスのエメラルド・タブレットの解釈と説明の後半をご紹介します。原本は、バラ十字会AMORCの北中南米担当英語圏本部の所有している英語訳のデータで、日本語に訳されるのは初めてのことです。

 

前回も申し上げましたが、通常の読み方をしても、専門の方以外には、この文章はさっぱり分からないと思います。

 

しかし、すべての人の心の奥には、真実と英知が潜んでいます。この文章には、それを活性化してくれる効力があります。

ですから、次のようになさることをお勧めします。

 

1.30分ほど、誰にも邪魔されない時間を確保して、ひとりきりになれる静かな場所に行ってください。

2.まず、心を静めて、エメラルド・タブレットの図版をじっくりと観察してください。ご自身で着色した図があれば、それを用いてください。

3.そして、次の言葉を唱えます。

「これから読む文章によって、私の心に、錬金術の秘法が明かされますように。」

4.次に図版を参照しながら、以下の文章(後半)を読んでください。

5.読み終えたら、しばらくの間、心の奥の声に耳を傾けてください。

 

この文章には、2重の意味があります。表面的な意味は物質の錬金術、つまり卑金属を貴金属に変えるための方法です。しかし、より重要なことが伝えられています。それは心の錬金術、つまり自分の中にある卑しい要素を高貴な要素に変換するための技法です。

錬金術師の部屋

バラ十字古代エジプト博物館(カリフォルニア州サンノゼ)に再現された錬金術師の部屋

 

* * *

 

ヘルメスのエメラルド・タブレット(Tabula Smaragdina Hermetis.)

エメラルド・タブレットの図版(カラー)。クリックすると画像ファイルが表示されます。

ヘルメスの秘密の言葉(Verba Secretorum Hermetis.)

 

(ヘルメスの秘密の言葉の内容については、次の記事をご参照ください)

参考記事:『エメラルド・タブレットとは

 

* * *

 

ヘルメスのエメラルド・タブレットの解釈と説明(後半)

(Interpretation and Explanation of the Tabula Smaragdina Hermetis)

 

この技法には、7つの方法がある。そのひとつでも無視したとしたら、汝は無益な作業をすることになる。

 

しかし、何よりもまず、汝は純化をなし遂げなければならない。

そして純化には2つの側面があるが、汝はまずそのひとつだけを行う必要がある。

 

最初の作業は、他に何も加えることなく、

何かを抽出するのでもなく、単に腐敗によって自然に行われる。

世俗的なあらゆるものから、すべてのものがその後に準備される。

 

この最初の方法には2つの道がある。正しい道を進む者に幸あれ。

第一の道は、火の力によってそれ自体で自動的に継続していく。このことを良く心得ておきなさい。第2の道は、さらに遠くまで続き、手に入れるべき宝に達する。

このことは、溶解によって行われる。そして飽和によっても行われる。私は汝に伝える。何よりもまず、純化に取りかからなければならない。そうすれば汝は、この優れた技法の最後にまでたどりつくであろう。

純化のすべてが完了した後に、“それ”が準備されて、太陽、すなわち望ましい時節にある、タマムシコガネの運ぶ温かい糞の中で煮沸される。この段階ははるか先にまで進み、それは揺るぎのない完全なものになる。そして、賢者の宝がその中に存在する。

 

その他のすべての方法は極めて微妙であり、能力の高い多くの人がそこで失敗をする。というのも失敗が蒸留の目的であり、賢者たちの昇華であるからである。

 

四大元素が分離される。四大元素を賢者たちは、空気、水、調整された火、大地の土と呼ぶ。

大地の土は、多くの人を惑わせた。すべての力がその中にあるにも関わらず、それは役に立たないものだと考えられた。

 

自分の〈外皮〉から土をどのようにして分離するかを知らない人々がおり、彼らはそれゆえに失敗する。

〈外皮〉は、扉の向こう側に捨てられる。しかし、賢者は再びそれを取り上げ、雪のように白く、汚(けが)れのないように純化する。私は指摘するが、実際のところ、このことが基礎である。

 

しかし、汝がそれを分離することを望むのであれば、その重大さを心得よ。というのも、私は誓って言うことができるが、準備が不足していれば、汝は失敗するからである。

それゆえに汝は、賢者たちが正体を知っているある種の酢(す)も持っていなくてはならない。それを用いて、汝は分離を行うことができる。もはやその中には、世俗的なものは何も残らなくなり、肉体と魂が分離される。すなわち、火と土が呼び集められて、その後にこの2つが純粋にされる。

 

右を向いた手が3つ

 

そしてその結果、注目すべき混合物がもたらされる。そしてそのようにして、それは驚くべき力になり、完成されたものと、完成されていないものが現れる。

そしてまた、もし火が正しく調整されるならば、それは一年よりもはるかに短い期間で、全体的に完全になる。

 

そして、汝はついにすべての方法を手にする。そこには3つ以上の道はない。

すぐに惑わされて道を誤る人もいるが、他の人には、すべては明確で容易である。

 

ひとつの道は、賢者の水であり、それは水銀に他ならない。

もうひとつの道は酢と呼ばれる。これは極めて少数の人にしか知られていない。

そしてこの酢は、哲学者の鉄を避けて通る。

この酢は、銅という主人を喜ばせる。

それゆえに賢者の水と酢は、それぞれがもう一方を選んだ後に極めて密接に結びついて、何百もの形と名前が与えられた。

 

真の源からひとつの道が生じ、少なからぬ人々が、丸々一年の間、その道に沿って作業を行った。

しかし、多くの人は、技術と巧みさによって、その長い期間を短縮した。

そして、錬金術が述べている準備は、速やかに自由に行うことができるようにされた。

準備によってこそ、この石は偉大で栄光あるものになる。

 

とはいえ、何ひとつ欠けるところのない物質は、ただひとつだけしかない。

しかし、それが自体の名前を明かすとき、その名前に多くの人が惑わされる。

そうではあるが、私は汝に十分に、多くの方法、多くの形、多くのやり方で示してきた。

多くの名前がある。私は汝に忠告する。真の道から外れた方向に導かれてしまわないように。

 

それはある種の水薬、ある種の強力な毒であると、長老たちは写本に書く。

他の人は、それをヘビ、怪物と呼び、いかなる意味でも高価ではないと言う。

それは、世界中のすべての人、富める者にも貧しい者にも良く知られている。

それはさまざまな金属の性質であり、それを通して金属は輝かしい勝利を得る。

完全さは、それと同じことであり、完全さは、その上に載せられる王冠である。

 

それを理解し、事情を知った者にとって、実践は完了する。

もし汝が正しい道に従い、作業に注意深く加わるならば、汝は遠からず、さらに2つのものを発見し、それを選ぶであろう。

そのひとつは構成であり、賢者たちはそれを秘密にしていた。

火の性質にもまた、巧妙な技巧が隠されている。それゆえに、火の秩序が、発見されるもうひとつのものである。

この2つとともに、あまりに多くのことを扱うべきではない。さもなければ、あらゆる行ないが失敗してしまう。

 

人がこの技法を行うときには、最高の巧妙さが必要とされる。

雌鶏(めんどり)から雛(ひな)が生じるのと同じことを、時の始めにそれが行ない、時自体がそれを検証した。

火が調節されるまさにそのとき、この宝が作り出される。

 

勤勉であり、常に怠るな。心に平静を保ち、絶対なる者を敬え。そして、絶対なる者に助けを求めよ。もし、汝がそれを得たならば、貧しい者たちと彼らが必要としているもののことを、いつも忘れないようにせよ。

 

* * *

 

いかがでしたでしょうか。

この文章から受ける刺激によって、あなたが、重要なヒントを手に入れられることを願っています。

 

先週この文章の前半をご紹介した後に、バラ十字会の通信講座では、こんなに難しいことをやっているのですかというご質問を受けました。

そんなことはなく、この講座のカリキュラムは、どなたにもご理解いただけるように段階的に構成されています。

実はエメラルド・タブレットは、15ヵ月の初心者課程と4年6ヵ月の本科課程を学んだ後の、専門課程で扱われる内容のひとつなのです。

しかし、高度なこの文章の内容も、先ほどご紹介したような方法を用いれば、多くの皆さんに楽しんでいただけるのではないかと思っています。

 

ご参考:神秘学通信講座「人生を支配する」-学習コースのご案内

 

では、今日はこの辺りで

また、お付き合いください

 

追伸:メールマガジン「神秘学が伝える人生を変えるヒント」に、こちらから登録すると、このブログに掲載される記事を、無料で定期購読することができます(いつでも配信解除できます)。


このページのTOPへ